スマホでの接続にWi-Fiを使う

Wi-Fi無線LANであるWi-Fiは、外でパソコンを使って仕事をする人にも指示されていると聞きます。したがって持ち歩けるタイプのWi-Fiは、仕事をしている社会人の方が持っている印象が強いのではないでしょうか。しかし頻繁にWi-Fiを使用するのは、何も社会人の方だけではないのです。社会人の方の他にも外出先で頻繁にスマートフォンを使うという方にもWi-Fiはよく利用されています。

なぜスマートフォン利用者の方がWi-Fiを利用するのか、疑問に思う方もいるでしょう。スマートフォンを所持している方のほとんどがスマートフォンを持っているだけでインターネット接続ができるようにモバイルデータ利用の契約をしています。このモバイルデータとはインターネットをスマホ単体で使えるようにするためのものになります。しかし、モバイルデータはインターネットを使った分だけ料金がかかるため、なるべく毎月の通信料がかからないようにするためにも、使用を抑えたいものです。

そのために役立つのがWi-Fiです。家で使える場合は家においておけるタイプのWi-Fiを使うことで、通信料を節約することも可能になります。また先述したように外出先で使うのであれば持ち歩きが可能なタイプのWi-Fiを使うことで、通信制限がかけられてしまう原因にもなる使い過ぎを防ぐことができるでしょう。このように便利なWi-Fiですが、購入する前にはメリットとデメリット両方を把握してから買うようにしましょう。

線を使わずにインターネット接続

Wi-Fiを使う利点としては、やはり線とつながずともインターネットに接続できる点が利点なのではないでしょうか。Wi-Fiは無線LANの1つになりますが、その他に有線LANというものが存在します。有線LANの場合には、インターネットを利用するために線でパソコンなどの使いたい機器とつなぐ必要があります。パソコンの場合は、LANケーブルを付けるところが用意されていることも多いです。

しかし、タブレットなどで有線LANを利用する場合には、線をつなぐために必要なLANケーブルがない場合も少なくありません。したがって、この時につなぐためのものとして別に変換ケーブルが必要になることもあるでしょう。その点、無線LANの1種であるWi-Fiであればインターネットにつなぎたい機器にケーブルでつなぐ必要はありません。そのため、LANケーブルのないタブレット端末やスマートフォンにも気軽に使えることも利点として挙げられます。

Wi-Fiを利用したことのない方の中にはケーブルなしで、インターネットにつなげるとは言っても1台しか繋げないのではというイメージを持っている方もいると聞きます。実際には先ほど述べたように選択したWi-Fiによっても同時につなげられる台数は異なりますが、複数台を同時にインターネットにつなぐことは可能になります。こちらも接続が安定しているとされている有線LANであれば線がごちゃついてしまうこともあります。しかし、無線LANであるWi-Fiを使用することで、その悩みも払拭できるのではないでしょうか。

通信料を使わずに済む

スマートフォンは連絡や検索などは、もちろん外出先で様々なアプリを使うためにも持ち歩く方も少なくありません。スマートフォンにもモバイルデータと言ってスマートフォンでインターネットが利用できるように契約している場合がほとんどになります。とは言え、このモバイルデータは使い放題で契約しているのであれば、制限なく使うことができます。ところが、よく耳にするのは決まった量で使えるようにしているという方が多いようです。

ここで、実際に契約して決まっているモバイルデータの量を超えて使ってしまうと、通信が遅くなり最悪の場合には検索に使い物にならないくらいに接続が悪くなることがあります。これを解決させるための対策として無線LANであるWi-Fiが紹介できるでしょう。Wi-Fiであれば、どれくらいまで快適に使えるとデータ量を契約しているのであればやはり制限が付いてきますが、Wi-Fiを使えばスマートフォン単体で使えるモバイルデータを使う必要がなく、通信量の節約にもなります

この点はモバイルデータを使いすぎて毎月接続が悪い状態が続いていることに頭を悩ませている方にとって、大きな救いになると言えます。またスマホだけではなく、スマホにインターネットを接続しつつタブレット端末やプリンタ―、パソコンでも同時にインターネット接続できる部分がWi-Fiのメリットなのではないでしょうか。

Wi-Fi購入の際の注意点

日常的に使う方も多い、スマートフォンのモバイルデータ節約にも使えるWi-Fiですが、購入前にはきちんと買うためにかかる費用を確認しておくことが大切です。購入先によっては表示されている価格が本体の価格だけである場合もあります。したがって、その値段を知って買った方が後から部品などをそろえるとで、Wi-Fiを購入するのにかなりの費用が買ったといった方もいるのです。

LANケーブルに指して使う必要がないため、どこでも利用しやすいのが無線LANであるWi-Fiの良い所ですが、物によっては購入するのに有線よりも費用がかかることがあるということは事前に理解しておきたいことになります。また、その他に購入の際には、外に持ち歩けるタイプのモバイルWi-FiやポケットWi-Fiの場合は使えるエリアと使えないエリアで分かれることがあるため注意が必要です。持ち歩けるタイプのWi-Fiの購入を考えている方の中には、このWi-Fiが1台あれば、それだけでどこでもインターネットに接続できると認識している方も少なくありません。

そのため購入して後に、使ってみて使えなかったということもよくあることなのです。特にどのような場所でWi-Fiが使えないことがあるのかというと、特に都会から離れた山などでは繋がりが悪くなったり圏外になることが多いようです。したがって購入前には、すべてのエリアで快適に使えるわけではないということを頭に入れておかねばなりません。そしてモバイルWi-Fiについて速度や特徴を比較しているサイトなどもありますので、購入前にはこうしたサイトを参考にして各社の特徴をしっかり把握しておくようにしましょう。

まとめ

Wi-Fiはパソコンで使うというイメージが強く、スマートフォンの通信料を節約するための方法としてWi-Fiの活用を行うことを知らない方もいると耳にします。確かに、Wi-Fiも家において使うタイプのルーターと持ち歩き可能なタイプのルーターがあるため、家で使用する場面がイメージにあるのにも頷けるのではないでしょうか。

とは言え、場合によっては普段使っているモバイルデータを超えて使うよりも、Wi-Fiでインターネットにつないで使う方がお得にインターネットに接続できる場合もあります。したがってモバイルデータ量が気になる場合は、それぞれで使ってみた場合にどれくらいの費用になるのか見てから利用を検討してみてはいかがでしょうか。

スマートフォンは人によって使い方は異なるため、一概にこれが良いとは言えません。しかし、外出先でコミュニケーションアプリなど頻繁に使う方は契約しているモバイルデータだけでは足りないという方の話もあります。したがって、Wi-Fiのメリットデメリットを知った上で、スマートフォンでのインターネット接続に取り入れてみるのも方法の1つとして良いでしょう。

Related Posts: